* プロフィール

[[ホームページ>Home]]へ戻る  [[業績一覧]]  [[職歴一覧]]  [[学会活動]]  [[社会的活動]]  [[領域別活動]]
----

** 現況
|氏名|村山 功 (むらやま いさお; Isao Murayama)|
|現職|静岡大学 学術院教育学領域 教職大学院系列 教授(所属)&br; Professor. Teaching Profession Graduate School, College of Education, Shizuoka University|
|~|静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院)教授|
|~|静岡大学大学院共同教科開発学専攻(共同博士課程)専攻長|
|~|静岡大学教育学部副学部長|

** 履歴
|1960/07 (S35)|静岡県に生まれる|
|1979/03 (S54)|静岡県立清水東高等学校理数科卒業|
|1979/04 (S54)|東京大学理科I類入学|
|1983/03 (S58)|東京大学教育学部学校教育学科卒業|
|1983/04 (S58)|東京大学大学院教育学研究科修士課程入学|
|1985/03 (S60)| 同 修了|
|1985/04 (S60)|東京大学大学院教育学研究科博士課程進学|
|1988/03 (S63)| 同 単位取得退学|
|1988/04 (S63)|東京大学教育学部助手|
|1991/03 (H03)|静岡大学教育学部講師|
|1993/04 (H05)|静岡大学教育学部助教授|
|2004/04 (H16)|静岡大学教育学部教授|
|2009/04 (H21)|静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院)教授|
|2015/04 (H27)|静岡大学学術院教育学領域教職大学院系列教授(組織改編)|

*** 兼任
|2013/04 (H25) - 2015/03 (H27)|静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院)専攻長|
|2013/04 (H25) - 2015/03 (H27)|静岡大学教育学部附属教育実践総合センター長|
|2015/04 (H27) - 2018/03 (H30)|静岡大学教育学部附属静岡中学校長|
|2018/03 (H30) - 2019/03 (H31)|静岡大学大学院共同教科開発学専攻(共同博士課程)専攻長|

** 専門
- 認知心理学・学習科学
- 理科教育
- 情報教育
- 学校図書館

** 主要著作
|2010|『情報メディアの活用』(編著)全国学校図書館協議会|
|2005|『情報メディアの活用』(共著)放送大学教育振興会|
|2001|「状況的認知研究批判とその問題」『状況論的アプローチ1 状況のインタフェース』金子書房|
|1998|「テクノロジーの可能性」『認知心理学から理科教育への提言』北大路書房|
|1995|「科学はいかにして学ばれるか」『シリーズ学びと文化3 科学する文化』東京大学出版会|
|1990|「人間にとってのカテゴリー」『アクティブ・マインド』東京大学出版会|
|1989|『教科理解の認知心理学』(共著)新曜社|

** 主要学術論文
|2011|「概念変化の諸理論」『心理学評論』|
|2009|「科学的思考としての原理・法則のメタ理解の再検証:小学校第6学年『燃焼』を事例として」(共著)『科学教育研究』|
|1995|「外的資源による課題と認知主体の変化」『認知科学』|
|1994|「The role of agency in causal understanding of natural phenomena」『Human Development』|
|1991|「人間の学習におけるプラグマティックな表現の役割」(共著)『認知科学の発展』|

** 主要紀要論文
|2018|「学習指導要領に基づく授業づくりの課題 ー現行及び次期学習指導要領の比較ー」『静岡大学教育実践総合センター紀要』|
|2013|「断片的知識論とその教授活動への示唆」『教科開発学論集』|
|2012|「成果の蓄積する『課題駆動型』校内研修の提案」『静岡大学教育実践総合センター紀要』|
|2008|「授業リフレクションによる授業研究 ー事後検討会で効果的に論点を出す方法ー」『静岡大学教育実践総合センター紀要』|
|2006|「授業計画に基づく授業分析の方法 ー授業計画時の意志決定を焦点にしてー」『静岡大学教育実践総合センター紀要』|
|1992|「教育用ソフトウェアのデザインのための2つの概念」『附属教育実践研究指導センター紀要』|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS